第975回 愛媛県・日振島のグレ釣り!!

 2月18日、愛媛県宇和島市・日振島へカルチャーセンター【山元名人の釣り講座】で大物グレを狙って7名と出掛けた。午前5時50分、出船を待っていると、前日も日振島に行っていた方が、強風で釣り辛くグレ一匹しか釣れて無かったと話してくれた。
当日18日は風も波も無く穏やかで絶好の釣り日和のようなので、期待出来るだろうと渡船に乗り込んできた。他に大会の組も居り25名の釣り人で満員となり、日振島の北側の釣り場から船頭さんの指示で磯に上がって行く。
私は九番の丘で上がり、竹治さんに磯際を狙って貰うとカンダイの45センチ、さらにブダイの35センチが釣れた。岩脇さんは本島で狙うが潮が速くなり、遠くまで流してもサシエが毎回残り厳しかった。そこで、見回り船で地の二番ハナレに変わると、流れが緩くて釣りやすかった。早々に竿が曲がり35センチオーバーのグレを釣り上げ、2匹目は40センチオーバーを取り込んでいた。
13番の胴で北代さんは、潮の流れが複雑で苦戦を強いられていた。そんな状況でも最も仕掛けの馴染みよい潮を狙う事が重要である。丁度、左の水道に引かれて行く流れがあり、そちらを狙って貰うと何と一発で33センチのグレが釣れた。同じ位置を狙おうとしていたが、潮がすぐ変わり、ベタ凪で潮は動かず干潮時と重なった。ウキ下を十メートルにしてもサシエも全く取られなくなった。潮流の変化や海がザワザワすれば状況も一変するが、このような状況になれば厳しくお手上げだった。
2月22日、再び日振島にカルチャーの講座の6名で出掛けた。19番では竹内さんが49センチを頭に8匹の大漁。長谷川さんも奥の方で43センチを頭に3尾釣り上げ、終了間際に連発で来たらしい。14番三角で40センチと35センチ、イサギ1匹。地の2番ハナレでは磯変わりして40センチ1匹。近くでも43センチを頭に2匹釣れた。どうやら午後の満ち込潮でアタリは集中して居り、グレの活性が高くなったようである。

YouTube Hachiro Channel
クリックすると元のサイズで表示します

地向きで狙う。

クリックすると元のサイズで表示します

北代さん・貴重な1匹を仕留めた。

クリックすると元のサイズで表示します

竹内さん・1匹目は47造慮太グレ。

クリックすると元のサイズで表示します

竹内さんの釣果。

クリックすると元のサイズで表示します

長谷川さん・両手に。

クリックすると元のサイズで表示します

長谷川さんの釣果・良型を揃えた。