第980回 八釣会・ペアグレ釣り大会in日振島!!

5月27日、愛媛県宇和島市日振島で【八釣会ペアグレ釣り大会】を行った。今回は、90名が各地から参加された。午前3時より受付を開始して、はまかぜ渡船さん2隻、渡船よしだ屋さん、三浦渡船さんの4隻の渡船に分乗し午前4時30分に出船した。風もなく穏やかな釣り日和となり、私は北側回りの釣り場に回り明海4番に村上さんと上がる。

風も波も全く無く潮も動かず、水深は浅くメバルやガシラ、ベラしか釣れなかった。早く磯を変わりたいと思うが、釣れない時はなかなか時間が経過しないものである。大崎の地や北の中磯では、すでに小さいながらも規定匹数の8匹は釣れているらしい。

ソンシバエでは、村上さんが沖向きで1投目から25センチのグレを掛け、3連発でゲットする。ところが、私は船付きで遠投して狙うが全くアタリが無かったが、根気よくマキエを撒いていると待望のグレが釣れた。グレのアタリはウキがスス〜ッと沈んで行き、合わせと同時に竿が重くなる瞬間がたまらない。

サイズアップしたい場合は、マキエから離しタナを深くすれば確率は高くなる。当日は、厳しいなかにもマキエから離して探ると一回り大きな33センチのグレが釣れた。2,3匹は連続で釣れるものの、その後はしばらく釣れない状況が続き食いは渋かった。お互いに8匹以上を掛けていたがハリスを切って行く大物も居らず、2人の計量は5,820グラムで13位に甘んじた。

今回の予想はグレが厳しいと思っていたものの、計量には尾長グレの40センチ以上が数匹釣れて居り、口太グレの良型も混じっていた。今年は尾長グレが釣れる磯も多くあり、太めの道糸やハリスも準備して置くことをお勧めしたい。90人中76人はグレを計量して居り、どうやらグレの活性も次第に良くなって来たようだ。今回はイサギも別枠で賞金があり、グレを早々に諦めイサギ専門に狙った人も多かったようである。

今回も1人8匹までのグレで計量し、2人ペアの合計で順位を決定して横取り方式で表彰した。1人が沢山釣っていても相棒が釣って無いと重量が少ない為にポイントを交代し仕掛けや釣り方など教え合いしてレベルアップに繋がったと喜んでいる方も多かったようである。

YouTube Hachiro Channel
クリックすると元のサイズで表示します

優勝された佐野さん、中田さんペア おめでとうございます!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します