第981回 伊島の梅雨グレ狙い!

6月14日、徳島県阿南市伊島へ【カルチャー釣り講座】の受講生4名と出掛けた。現在、伊島は午前4時〜午後2時、午前10時〜午後7時、午後3時〜午後10時までの一日3回の渡船が出ているので好きな時間帯に利用できる。今回は午前10時からの夕釣りである。

西長バエは、引き潮の南向きの釣り座で東と西の釣り座で狙うが、オセンとウマズラハギが多くて釣りづらかった。午後から満ち込潮に変わり午後4時ころからアタリが活発になる。西の方で狙っていた竹内さんが、30センチ前後のグレを連発していた。サラシ場で竿が大きく曲がり、左右に走りなかなか浮いて来なかった奴は、平スズキの50袖蕕世辰拭

今度は底にグイグイ締め込んで行き、少し浮いてはまた底に潜り引きを楽しませていたのは、40村紊領匹肥えたグレだった。アタリが頻繁にあり一回り大きな平スズキやグレを追加されてクーラー満タンとなる。

東の北向きに変わった富永さんは、大潮の流れの速さと湧き潮で厳しい時間帯はあったものの、流れが緩むと仕掛けの馴染みも良くなり、30センチオーバーのグレが一時入れ食いになった。中にはハリス1,75号をぶち切って行くのもおり、磯釣りは面白いと楽しんでいた。

オンビキでは先の方はサラシが大きく潮が複雑であったが、マダイが釣れていた。奥の方では大村さんが、ウキ下2ヒロ〜3ヒロで沖から仕掛けを馴染ませ手前の方でグレが3連発ヒットする。ハリ外れも数回あったものの、グレの43センチを無事取り込んでいた。夕方には良型イサギも交じり、久し振りに会心の釣りが出来たと笑顔で磯を後にした。

夜釣りではイサギやグレ、マダイの良型が釣れているようだ。場所により30センチ級のアジが30匹も釣れて居り、夕釣り、夜釣りは特に面白そうだが、磯によっては蚊の猛攻に対策が必要である。

YouTube Hachiro Channel
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します